« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

岩盤ルンバ

かいこの下半身冷えはもう~~末期です。

そんなわけで、駅前にできた岩盤浴に、はねヨメと

挑戦してきました。

ギリギリ今日まで、2000円が1800円、のキャンペーン価格。

おトク感モリモリ~~。

Dsc00998_1 

岩の床の上に寝そべるサウナ、といった感じでしょうか。

じわじわ~んとあったかくて心地よいです。

通常のサウナとちがって、

体にかかる負担がとても少ないのだとか。

お年寄りや子供にもやさしいんだそうです。

寝ながら、オモテになったりウラになったり…。

ときどき休んだりして、水分補給もします。

オモシロイのが、この岩盤浴でかく汗、というのが、

フツウにかく汗と質が全然違うのです。

サラサラ…サラサラ…あらベタつかない。超~フシギ。

出た後よくある、ドロリとした疲労感もなく、芯から

ホカホカホカホカホカしてまいります。

成分のいい汗なので、五時間ほど肌にくっつけとくのが

効果的、というのもおもしろいですね。

ともかく、かいこ、冷えに立ち向かうため、ときどき通って

みようかと思います。デトックスデトックス。岩盤ルンバ♪

| | コメント (0)

ブンダーバー!!

頑張りました。早起きしましたよ!!。オドロキましたー!!

タカハラ選手の落ち着いたボンバー2発。

Jリーグ得点王になった年のハングリーな気迫を

宿してるようでゾクゾクしました。

そして、こぼれ玉に、スタ、っと何度も飛び出してきた

ナカタ選手の動きには、本当~~に驚きました!!!

カジ選手、復活を祈ります。

ケガで離脱を余儀なくされた、タナカ選手のくやしい魂は

彼が帰還したあとでもドイツに残って

きっと代表の力となることでしょう。

W杯、タノシミです。

| | コメント (0)

VSドイツ

Photo_5 

明朝は日本代表×ドイツ戦ですねぇ。

親善試合とはいえ、出来によっては、W杯をも

うらなってしまいそうな大事な試合。

イッヒ・フンバルト・チカラデルリッヒ!!

(かいこが昔おそわったドイツ語っぽい日本語)

がんばってくれーっ!!  サムライたちよーっっ!!

…というわけで、かいこは早寝して、四時半の試合に

そなえます。オヤスミナサイ。zzzzz  (早すぎる?)

| | コメント (0)

おふくろの味

このメニューは、はじめて自分でクッキングしました。

Dsc00994 「切り昆布の

炒め煮」です。

かいこハハが頻繁に

繰り出すメニューの

ひとつです。

 

 

ヒジョーにうまい。

地味ですが、ヒジョーにうまいのです(2回も言うな)。

見た目も「おふくろ風味」全開でグッドでしょう~。

作ってみたら超カンタン。

材料は「にんじん」「きのこ」「切り昆布」「油揚げ」のみ。

これを細く切って、油で炒めるだけ。ああカンタン。

味付けは、「カツオだしの素」「砂糖」「醤油」です。

お好みで「酒」「みりん」なども少し加えると、複雑、かつ

まろやか、ふっくらしあがり、遠くふるさとを離れたアナタなら

ついつい「おかーーーさーーーん」と山に向かって

叫んでしまうことうけあいです。

| | コメント (0)

⑨カ月

「はねこ」、ただいま9カ月。

好奇心はじけて、ウキウキウォッチング!! な毎日です。

Dsc00985 

↑歯も生えるさ

 

手の動きに、だいぶ進歩がみられます。 

かいこがダッコすると、顔にニョキニョキ手がのびます。

「お…おぅ、はねこよ。それはかいこの顔の一部だよ…」

メガネが気になってしかたないようです。

と、そこでひとつのギモンが。

はねこは、かいこの目や耳には、手を出さないのに

なぜメガネやボタンには、手をのばすんだろう…。

もしや…メガネは顔の部品とは別もの、とハジメから

区別つけてる、てこと…?  ええー…っ?   

はねこ!!

かしこぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

このオババカ方程式は、瞬時に崩れ去りました。

ようするに、一番目立つところ、に手がのびるようで。

ひらたーい、かいこの顔で一番、でっぱってたものが

はねこの目についたようです…くくっ……

| | コメント (2)

グビジン草

歩いていたら、あざやかな色に目を奪われました。

Dsc00989_2赤いポピーです。

通りすがりの

お家なのに

パチリ。

きれいですね~。

5月下旬、いまが

絶好の見ごろ!!!

 

 

ポピーは「虞美人草」ともいいます。

むかしむかーしの中国で、武将の愛人だった「虞美人」の

お墓に咲いた花だとか。

彼女は、武将の後を追って、短剣で胸をつき、自害。

花言葉の「なぐさめ」が悲しい逸話を物語ってますねぇ。

でも、かいこにはもうひとつの花言葉の方が

ピッタリくるかな。それは…

「妄想」

| | コメント (2)

500年の人気者

「こんなに未完成のものばかり残すことを

   私は神と人類に詫びたい~」

Photo_7

その言葉どおり、手がけた作品のほとんどは未完成。

なのに、500年以上も人気者の「レオナルド・ダ・ビンチ」。

話題の作品「ダビンチコード」では

「キリストは、とっても人間くさい人だったんだよ」

ということを、レオナルドが、自らの作品に

暗号として溶け込ませている…といった内容だそうですね。

Monalisa_4もし、そうだとしたら…。

前述した言葉に出てくる、

レオナルドの「神」とは

どんな存在をさしていたのでしょう…。

たぶん、当時としては命がけで

「キリストは人間だ」

と強調したかったレオナルドです。

その彼が「詫びたい神さま」とは…。

幼少のころ聖書をかじっていた、かいこにとって、

いま、それがミステリ~~。

| | コメント (0)

カレとの相性

雨季に入ってきたようなので、ブログの

デザインを変えてみました。よろしくお願いします♪

さて、今夜のごはんは

Dsc00988ゴーヤーマン

カレー

で~~す♪

 カレーは

レトルトですが。 

 

 

いやぁ、お手軽でホットな「彼(カレー)」です。

シャレッ気で塩コショウで炒めたゴーヤを添えました。

これがなかなかウマいんですね。

「彼」が辛口なのが相性いいみたいです。

からくて、ほろ苦い夏の味……

ひと夏の「彼」に、みなさんも出会ってみませんか?

| | コメント (2)

うかつもの

ころんでも、ただじゃおきない、ネタ仕入れ。」

~トモゾウ、ココロの俳句…~

昨日まちがえて参上した現場で写真とってきました。

Dsc00980 Dsc00982

お風呂が入ってました。小さいけれどこれから

癒しのスペースです。ウキウキ。

天井も貼ってありました。断熱材もちらり見えてます。

Dsc00984

「ボードの厚みがフツウより厚いんだよ~」と親方。

え…どうしてフツウより厚いのかしら。

アッ。思い出しました。

先日設計士さんと現場にやってきたときです。

かいこが今、仮住まいしてるアパートの壁と天井が

「うっすいんですよぅ。となりの鼻かむ音もバッチリ

聞こえちゃうんです~~」という話をしていたのでした。

かいことしては雑談のつもりでしたが…

「そんで設計士さんは厚い方とったんじゃー

ねぇかなぁ~」

ありゃりゃ。設計士さんには、かいこがすごく音に敏感な人間

としてうつってしまったかな。ははは。うかつなかいこ…。

でも、細やかな気遣い、ありがたいことです。感謝感謝。

「断熱もしっかり入れたから音も熱もバッチリだよぉ」

大工さんにも感謝感謝です。

| | コメント (3)

ラッキーデー

「今日の占い、B型ラッキーデー!!」

なんとなく気分がいいものです。

今日は建具の打ち合わせ。ルンルン気分で

シャワーとチャリを走らせると図面がないのに気づきました。

「トホホ。でも、ま、ラッキーデーでもこんなことあるよね♪」

 

またまたシャワーシャワーとチャリを走らせ現場到着。

ところが設計士さん、やって来ません。電話すると

「あの~…事務所で打ち合わせですよね」

な、な、な、なんとなーっ。

ふたたびチャリをシャワシャワワーッと走らせるかいこ。

 

打ち合わせを終えて、弁当を仕入れ、はねヨメを訪ねました。

どっぷり疲れきってる、かいこのそばで

「はねこ」は今日もウキウキモード。つたい歩きペタペタ。

しかーし。

ちょっと目を離したスキにコケッ。ガツーン。流血。

またまた目を離したスキにコケッ。ガツーン。

ぶわぁ、と泣く、はねこの姿に、はねヨメつぶやきました。

「ひょっとして、あんたもB型か…」 ……う。

でも、はねヨメったら。

今日B型一応「ラッキーデー」ですから~。

 

夜、ものすごい雷とともに大雨がきました。

ピカーン!!ガラガラ!!……ブッツン

停電です。

「こんなときはローソクローソク♪」

…ぐはぁぁっ。

この部屋には火気がないっっっ!!

というわけで、作文中のただいま、真っ暗闇です。

ラッキーデーのおしまいは「真っ暗デー」ス。

ご静読、ありがとうございました~。

| | コメント (0)

コリアうまい

はねヨメと、ひさびさの「韓国ランチ」してきました♪

この店、おいしくて、お得で、かいこは愛用してます。

Photo_1

今回は「ナマダコの

辛みそ炒め定食」

にしました。

ぷりぷりのタコが

たっまりません~。

 

 

タコは気分が沈んだとき食べるといいのだそうです。ウキウキ

はねヨメは「石焼ピビンバ」が大好きなので

ほかのおいしそうなメニューにはワキメもふりませんでした。

Photo おいしそう~~♪

よぉ~く

ピビンピビン

(まぜまぜ)して

ハフハフ

いただきます。

 

アッ。かいこ、ちょっとジャンを入れすぎました。

ホットホットになってごめんね、はねヨメ。

でもダイジョーブイッ!!

かいこの定食シロメシをくわえてピビンピビン。

これで量も増えたぞ。かいこも一緒に「おー、マシッタ」。

| | コメント (4)

旅立つ洗濯機

ある日、洗濯をしておりますと「がたんがたん」

ものすごい音がしてきました。

かいこの洗濯機は少し前からこんな調子です。

いつもなら少したつと「ヴーン…」と動き出すので

ほっといたのですが、この日はいつまでたっても

「がたんがたん」いってました。

「やだなぁ…ご近所メイワクじゃない、ヨイショ」と

立ち上がり、窓を開けてみるとびっくり。

洗濯機がいつもの位置から、かなり外側へ

移動してるじゃあ~りませんか!!

「ア、アナタァ、アタシを置いてドコへ行こうというのよ~」

あわてて引きとめ、モトの位置に引きずってきました。

かいこは洗濯機にあいそをつかされたのでしょうか。

あれ以来、いつカレが旅立つか…と気が気でありません。

しかも、カレが旅立とうとする時は、必ずかいこの衣類を

洗濯している真っ最中なワケです。

「ねぇアナタ…。アタシにあいそつかしたなら仕方ないケド、

それを持ったまま旅立つのだけはカンベンしてね…」と

ココロでつぶやきながら、洗濯機のボタンを押すのが

最近の日課になっているかいこです。

| | コメント (4)

木陰サマ

五月の日照率は30%足らずだそうです。

すごくいい季節のはずなのに、このまま梅雨入りかも…

と聞いて「そんなのヤダ!!!」と外へ飛び出した

かいことはねヨメです。

(はねクンはブラインドの大掃除に集中)

日向はあっついけど、木陰に入るとなんとも心地よい。

体も自然と活動的になるようです。

Photo_9 そんなパワー、

ふだんは皆無の

ハズですが調子

こいたかいこは

はねヨメのお子様

「はねこ」を

ダッコしたまま

キツイ坂をのぼっちゃいました。

その後、はねヨメ宅の植物の植え替えもお手伝い。

夜ごはんのかつおタタキとビールがうまいのなんの~!!

お日様パワーってすごいなぁ。

| | コメント (2)

トニーTシャツ

Photo_6 東急ハンズで本物見ました。

トニーデザインのTシャツ♪

かーわいい~。

「がんばれ」のフレーズが

泣かせるじゃあ~りませんか。

  

Photo_4 こちらオモテ。

国旗も文字もパッチワークなあじわい。

他の国々もシリーズで展開されていて、

ずら~っとならんでいると

戦意もやわらぐ(笑)なごみの光景です。

 

ところでローマ字になると「日本」は「ニッポン」になりますね。

「にほん」より力が入るヒビキでいいですね。

「GANBARE  NIPPON」!!

ちなみにサイズ展開は三つだけなので

かいこはピッタリサイズがありませんでしたーっ。くぅ。

| | コメント (0)

シャレとミエ

家作りをはじめてから、しばしば、自分は

「ミエッパリ」なのかしら、と感じたりしています。

はじめそれは、センスよくしたいという

「シャレッ気」かと思っていましたが、なんとなーく最近は

身の程(ご予算)知らずにカッコつけてるのでは? などと

思うことも少なくないのですねー。

シャレミエは表裏一体でしょうか。

区別がむずかしいシロモノだぞぅ、コリャ。

| | コメント (0)

グッズにさそわれて

ドイツ応援ツアーがイマイチの売れ行きに対して

代表グッズがウレウレらしいです。

ハテ、サテ、どんなものがあるのかな~とのぞいてみたら

あるある…っ。すごい数です。

やはりひとつは欲しくなるのがTシャツですね~~。

T_1

←文字で日本をかたどってます。

うぬぬぬ、カワイイかもっ。  

 

 

  

T_2

←女子用のスリムTシャツもある

みたいです。ラインのところが

ラメラメしてるそうです。

かわいい~~♪

 

日本戦当日。万が一、かいこがこれらを身に着けている姿を目撃

することがあっても、どう~か。

どう~~か、温かい目で見守っていてください…ナハナハ。

| | コメント (0)

数字のチカラ

Dsc00951_1

サッカー日本代表の

背番号が

決まりましたねー。

  

  

 

W杯ではルールにより「1~23」でつけなければならないようで。

日本では、選手が選ぶのではなく、与えられる、のだそうです。

…とはいえ、いままで代表で使用してきた人のイメージもあるので

だいたいはそのままその番号に決まったようですね。

ナカタ選手の「7」やミヤモト選手の「5」はもうかなりお馴染みです。

ナカムラ選手の「10」に異論のある人もなかなかいないのでは。

スポーツでは背番号もチカラをあたえる大事なものですから

各選手、できたら愛着のある番号がいいのでしょうけど…

マキ選手は「11」となったようですね。

残念。愛着ある「18」はすでにオノ選手のイメージが定着…。

しかし「11」といえば日本では、キングカズ!!

オーラのこもった数字を背負えば思わぬ力が湧くかもしれません。

数字のもつフシギな力もぜひとも信じたいものです。

ちなみにかいこは昔からなんとなく

「3」が気になる数字です。

| | コメント (2)

アデュー、モンチュー

アデュ~~。

先だって悩んでいた「機能門柱」は断念することにしました。

「ウチじゃ値段につりあう価値はにぇー!(次課長風)」

という結論となったのですねー。

自分の中では、ファッション性だけなのだと気づいたのです。

イロイロ調べて、モンモンと時間もかけたので、決めたときは

ドッと疲労しましたが、これも的確な結論を出すため必要な過程

…なんですね。それがひとつひとつ、次から次へ続くわけで…

いやーお家作りは大変です。

モンチューの代案も、はねクン、はねヨメらの

知恵もかりて、なかなかステキな状態になりそうです。

これも紆余曲折あってのこと。

ナナコロビヤオキです。ほほほ

| | コメント (0)

GO!ニッポン!

W杯日本代表が決定しました

Dsc00946_1  

いろんな放送局で生中継してましたね~。

本当にもう4年たってしまった~。早いです。

ドキドキのメンバー発表でした。

クボ選手は結局、完全復活してはいなかった。ということになる

のでしょうか。やはり驚きました。

結局「やればできる子」「乞うご期待っ」ではダメだよ、

ということだったのかな。うぬ、シビア。

でも選ばれし者も、背負うものは大きいでしょう。

一生懸命やってきた人ほど、自分の下のたくさんの屍が

見えているでしょうから…。

四年間に代表召集されたのは66人だそうです。

誰かに起きた悲劇は、他の誰かのモチベーションになり

ガッツに変わっていくのですね。

代表のみなさんみんなが活躍できることを願います。

個人的にはマツイ選手期待してました。 残念。また四年後~。

 

 

 

| | コメント (0)

ちょい寄り見学会

日曜はハハの日、ファミリー飲み会♪

チャリでシャワーと向かう途中、ちょと現場に寄ってみました。

なんと。

電気工事屋さんが来てるではあ~りませんか!!

うかがうと、おおまかな作業しかしていないので配線の変更は

まだ大丈夫とのこと。安心しました~~っ!!!

Dsc00911_2  ←玄関と和室の外壁です。

サッシ入るといよいよ家っぽい。

色はガルバに合わせてシャイングレー。

  

防犯上、1階の窓にはだいたい柵入れてます。

Dsc00924_3玄関の内側です。

窓のまわりはすべて収納なので靴もたっぷり

入ります。イメルダ夫人もビックリの収納力(笑)

…でもかいこ、靴はそんなに持ってません。

ドアは現在、大工の親方手作りの

愛情ドアーですが、今日あたりやって来るかな~~。

Dsc009221階の和室です。

右の空いている部分に引き戸がつきます。

手前の右にちらり見えているのが

対面式のキッチンです。

新しいキッチンでする最初の料理は何になるのかなぁ~…。

夏だから冷やチューかな。

居間はちょっと狭目なので、冬は和室で鍋大会、でしょうか。

Dsc00932 Dsc00915

ベランダ軒先

いいカンジです。

軒天にも洗濯竿用フックが

つく予定。

  

これで洗濯好きのかいこハハもドンと来い。

それにしても日曜なのにご苦労様です。電気屋さん。

でも電気屋さんのおかげで中に入ることができました~。

   

さて、ファミリー飲み会は、はねクン宅にて手巻き寿司。

ツンくんも彼女づれで現れました♪彼女、いいカンジです。

ツンくんは髪型がナカ~タになってました。でもサッカーには

興味ないんです。 名前も10番の選手と同じなのになぁ(笑)

| | コメント (0)

まいちんぐルーム

よせてはかえす~なみのよに~♪

毎日、考え事がありすぎて、まいっちんぐぅ♪な、かいこです。

そんなでスコットランドを20分も見逃しました。うわーん。

友人は雨の中埼玉スタジアムで一生懸命応援していたのにっ。

スコアレスドローはかいこのせいかもしれません(自意識カジョー)。

さてさて。

前(日)述しましたが、電気工事がせまってます。

それって…ウチ中のコンセント数や位置、テレビや電話の

アウトレットなどもう最終決定、の段階だったのです!

電気の配線については、だいぶ前にある程度打ち合わせて

図面にのっかっていたのですが、このままでは

本決まりになってしまいます。

「あの、電気工事はいつからなんでしょう?」

「あ、もう始まっているかもしれませんねぇ」設計士さん。

「えっっっ(心臓冷え~)。あ、でもあの、前に現場で確認できる

というお話、してましたよね…えへえへ」

「そうなんですが、その場であんまり修正が多いのもまずいんで…」

そ、そーだよなぁっ。そりゃそーだよっ。

ひえぇぇぇぇ。いそいで図面とにらめっこです。

さぁ~~想像力をたくましくするんだぁぁ~。

そして新居の生活行動に思いをはせはせするんだぁぁ~。

え~…食卓を囲んで一番自然なテレビの位置は~…

え~…掃除機を使うときのコンセントの位置は~…

「ぬぬんっ!?」

か、かいこの部屋にテレビのアウトレットがない!!!

お…おうぅぅ、これはタイヘンなことを発見しました。

間に合うかな。

それにしても自分の部屋………。

テレビってドコに置くんだったっけ?

机もどう置くんだっけ?パソコンは?ファックスは??

ガガーーーリン。

気づけば自分の部屋のイメージだけ、まったくできてませんよ!

まいっちんぐ、まいるぅむ♪

ちなみに、まだモンチュー問題もビシっと解決していません。

二階ベランダの物干金物も、何箇所つけるか、ドコにつけるか、

1階ベランダの下にもフックをつけるのか…これも

ビシッと解決していません。課題てんこもりです。

「ぶ…不器用なもので…」

バカなモノマネして逃避してる場合ではないですね。 

| | コメント (0)

もんちゅう、うぉんちゅっ

一難去ってまた一難。

こんどはわが家にポスト問題が勃発しました。

といっても政治のお話でなく、郵便「ポスト」です。

「町内会の集金に行ったらポストとインターホンが

一緒になってるの、見たのよね」

「うん」    「あれ、いいなぁ…と思って…」

「えっ…!」

出た。  かいこハハの無邪気な提案。

インターホンはすでに玄関横の位置に決定しています。

ポストと一緒にするということは、少し離れた敷地の

入り口まで新しく配線がいるということで、

つまりは、設計を変更するということで……。

「えっ…」 設計士さんもちょっと引き気味でした。

ええそうでしょう、そりゃあそうでしょう。

でもゴメンナサイ、設計士さん!

かいこもその無邪気な提案にのってしまいました。

でも、のったからには行動しなくてはなりませんね。

さっそく、調べにかかりました。

ポストとか、インターホン、表札や照明が合体している

商品は一般的に「機能門柱」というんですね。

外構がすっきりするので、人気上昇中らしいです。

ロマンチックなデザインが多い中、かいこの目に

留まったのは以下の方たちでした。

Photo_2 1  2_1

さぁ~どれにしようそれともやめちゃおうかなぁ~。

いままでで一番ぐるぐるしています。

電気工事が入る前に早く決断しなくてはいけない。

発注も自分でしなくてはいけない。

かいこ、かなりの正念場です。

くちびるがミックジャガーみたいになってます。うぉんちゅっ!!

| | コメント (2)

悩ましきバルコニーちゃん

バルコニー…。

かいこの中でそれは、お家作りのイメージの中で

たいしてヘビーなポジションではありませんでした。

しかし、具体的に決めるぞぅ!と思ったらば。

なんと、さまざまスタイルが可能で、お値段も

ピンきりなのでしょう~!

バルコニー…。

そこはかいこハハの家事の現場。

かな~~り重要なのです。

「アルミ柵が理想だが、すべてアルミ製だとお高い」

「布団を干す場合、柵では強度が心配」

「かといって板で囲ってしまうと、風通しが悪い」

「室外機の熱はこもらないの?」

「物干し竿はなるべく外側につけたい」

「でも天井(屋根)はナナメだし、壁は雨戸ついてて

…ドコに物干し金物つけたらいいんだ」

などなど…細かな問題が続出!!!

これを全部網羅する結果が出せるのか??

バルコニー…。

キミは悩ましいヤツだなぁ。

そんなこんなで、設計士さんへ2日間通いました。

こちらの要望をじっくり説明し、ご相談しました。

あら、っというカンジで解決しました。やったー。

やはり直接お話するのが一番ですね。

結果。

バルコニーは既製品を使うのではなく

木工と外壁の延長で「箱型」に作ってもらい

2ヶ所開口して格子をはめるスタイル

に決定!(文章ではわかりにくいっ)

強度もばっちり。風通しもばっちり。

室外機の熱もナナメ上に出せるそうです。

物干し竿を固定する金物もバルコニーの

壁側に設置できるタイプが見つかりました!!

そして。なんつっても、お値段。

既製品より10万円ほど安くできてしまうんです!!!!

おめでとう、バルコニー!!!!

ナメててごめんよ。

ところで……大工さんがバルコニーを作るにあたって

バルコニーの横壁が家の壁に接するとき、雨戸と

ぶつかってしまうことに気づいてしまったそうです。なんとっ。

「雨戸こんなについてる家を設計するのは久しぶりでした。

そんなわけで昔風の処理をしようということになりまして」

と設計士さん。(雨戸はいまどき少なくシャッターが多いとのこと。

しかし雨戸は、かいこハハのこだわりなのです)

そこで、大工さんが、家の壁より少しだけ外側に張り出しを

作り、そこにバルコニーの横壁を接することができるよう

作ってくださることになりました。 

お…おおぅ~。手遅れじゃなくてヨカッタ~。

それにしても。

かいこ実家の設計図は平面図たった一枚です。

そこからあれだけの家を作る行為にはただただ感動です。

職人さんってすばらしいですね!!!

| | コメント (2)

内装ルンバ

お家作りもいよいよ折り返し地点です。

ひさびさに現場に足を運んでみると

おお、さらに家らしく変身しているではあ~りませんか。

大工の親方、ごくろーサマサマです。

Dsc00897床も天井もある~。

屋根もばっちりついた

そうだし、木の香りも

いっそうサワヤカに

香気を放ってました。

う~ん。森林浴!

きもちよいっ♪

そして。 

ついにきました。  内装のお時間です。

「いくらソトヅラがよくてもね~」ということで、またまた

素材カタログとにらめっこ。にらめっこは二度目なので

アタマぐるぐるしない程度にがんばりました。

Dsc00907_2 ←うちのボビーくんがご紹介♪

大きいのがドアや靴箱となる

表面材の見本で、

小さいのが床材見本です。

ドレにしようかな~~。

外観はシャープなカンジなので、家の中は

あたたかみのある雰囲気になればいいなぁ。

ドアなどにする表面材は日に焼けたりすると徐々に

色が濃くなる傾向があるようで、「イイカンジかな」と思う

カラーより一段うすいものを選びました。

床材は逆に色が少し薄まるようなので、明るくこってりした

色合いを選んでみました。

うまくなじむかな。 ターノシーミだー!

| | コメント (0)

23人の侍

うむむむむむむむむむ~

そうきちゃいましたか、サムライブル~~。

なんとも息苦しい~印象のキリンカップ第1戦でした。

あのいきなりの失点。あれはマイッタ。

ロスタイムの失点もちょっと拍子抜けするくらい

スルリ入ってしまってとても残念です。

タマダ選手、気の毒なくらいゴールが遠かったですねぇ…。

マキ選手も得点したけど、狙ってゴールしたカンジでは

なかったので、複雑かなぁ。

でも一点は一点。

これで激戦区のFW枠に手が伸びたのでしょうか。

オノ選手は復調してきたみたいで嬉しいですね。

ムライ選手のケガはどうなのでしょう。

とにかくあと一試合、スコットランド戦、期待したいです。

スコットランド戦は友人が見に行くそうです。

うっらやまぴ~~。

かいこはまだ代表戦は観戦したことないのです。

本戦が差し迫ってるこのごろ、応援する者としては

つい気が急いて「もぉぉ誰でもいいから勝ってくれよ~」

などと言いたくなるものかもしれませんが、ガマンガマン。

日本サッカー、100年計画ですから。

選手は誰しも小さな頃から一心に努力し、傷を負っても

はいあがってきた人ばかりなのですよね。

そのコツコツ感は共感できます。

とにかく(二度目ですね)。

にわかファンのかいこにできることといったら

ユビのスキマからでも精一杯、応援することだけだー!!

と今日あらためて決意しました。

そしてW杯本戦を見るためには、明日からもっと心臓を

強化しよう…と思ったりしたのでした。

| | コメント (0)

ニホンジンの脳

先日見たテレビに、脳科学者の茂木センセイが出ておられました。

茂木センセイって、お見かけするたびに、うっひょ~

韓流スターのパクヨンハ君にそっくりだなぁ~と思うのは

かいこだけですかねぇ。

気づいたときはかなりソワソワしちゃったんですが。

それはさておき。  その番組中

「日本人の脳はかなり最先端を

いっちゃってるかもしれない」

というお話をしていました。

ケイタイの機能があれだけ充実していたり

ケイタイから直にネット接続など世界になかなかないそうです。

他にもオタクな文化だとか、あらゆる情報世界に囲まれている

日本人の脳はかなり「実験的な状態」におかれて

いるんだとか。

そして、そして、最先端な結果。

脳になにかしらの障害やビョーキが発生するのも

日本人が先駆けとなるかもしれないし、それを克服するのも

日本人かもしれない…というお話。

お…おぅ~~。ちょっとコワイですネー…。

でもなかなかオモシロイでしょう。

「エロカワ」ならぬ「コワオモ」。

茂木センセイのお話ですと、昔のアソビにはかなり高度な

脳の働きがあったそうです。

「透明ランナー」とか「みそっかす」 なつかしいですねぇ~

こういうルールを生み出すのは、

「結果が見えないことが人間の快楽」

だからなんだそうです。

ところで先日、着せ替えする女の子用カードゲーム

というのを知ってちょっとびっくりしました。

用意された中から髪型や洋服、小物を選ぶだけ。

シチュエイションもたぶん選ぶのでしょう。

ひぇー…それって、本当に楽しいのかなぁ~。

思わず老婆心で反発を覚えてしまいました。

かいこは小さい頃、紙にボールペンでカオだけ描いて

髪型やファッションを何回も描き変える「きせかえごっこ」を

よくやっていました。(ハズカシイ遊び、カミングアーウト!)

そういうの、脳にはかなりイイのでないかと思うのですが。

まぁ、ドッチがイイとか、どうなるかはわかりませんね。

なんといってもニホンジンの脳は実験状態なのですから…。

| | コメント (0)

スローに中国語

韓流の以前に、香港映画ブームがありました。

ご存知のアナタはちょっとマニアック、でしょうか。

とにかく当時、かいこはど~っぷり

そのブームのトリコでした。

熱いノリは広東語の学習にまで波及~。

広東語、というのは、ようするに中国語の

きっつい方言なんですが

わざわざソコから入るなんて…

「●ニエル・カールかよ!!」

ミムラにもつっこまれそうです。

香港人も首をかしげてました。

それでもかいこはセコセコ勉強に精を出していたんですねぇ。

でも四、五年すると、徐々にシリつぼみ…。

アツイ情熱をキープしつづけるのは大変です。

でもこのごろまた

「今度は中国語、始めたいな~」などとボンヤリ

思っていたところに、たまたま知り合いの

中国人(日本在住)の方から電話がありました。

「私、中国語、始めようと思いまして」

思わず口をついて出てました。

「ああ、前に広東語やってたんデショ?

そうよ勉強するなら普通の中国語がイイわよー。

市内の同好会なら私のトモダチが

講師をやっているのヨ~~」

話しているとどんどんスイッチ入ってきました。

以前のような「今しかない!!!」的な

ガツガツした感じではないですが、今回は

ゆっくり、一生かけて、勉強できたらいいなぁという感じです。

そこで思うこと!

はたして、広東語の知識はどこまで

役にたつのか?

それともジャマをするのか?

「いやぁ~キミ広東語なまりの中国語(北京語)だねェ」

なんて言われるまでいったらスゴイかなぁ(笑)

こりゃ実験的なココロミですよ。

| | コメント (1)

カオ問題解決へ

わが家のカオ、玄関ドア問題が解決しました。

それもかなりあっさり、です。

知らなかったんですねー。イガイとフツーなことを。

ドアやサッシなど、既製品で選ぶ場合はメーカーの

カタログを見て決めていくのですが、そこに表示されている

価格は実際の価格ではないらしいのです。

「割引」というものがあるんですねぇ。

しかもビックリ。かなりの割引率なんです。

ので、ので、前述「10万円アップ!!!!」と騒いでいた

木目調ドアは、5万円ほどのアップで

実現可能なことがわかったのでした。

5万円といえば、それなりのご予算ですけれども

そこはっ!! カオのお話ですから!!   ということで決定♪

これで外観に関する問題は解決だぁぁ。

…と思ったら、あらたに浮上しました。

「バルコニー問題」です。

| | コメント (1)

クジラの島の少女

「伝統」というのは扱いが難しいものだなぁ。

大切にしなくてはいけないもの、という意識は

あっても、現在の道理では信じがたい理不尽さが

含まれていて、融通がきかないものであったりします。

ニュージーランドマオイ族の族長の家系に生まれた双子。

ところが男の子は死産で残ったのは

跡取りの資格のない「女の子」だった。

Dsc00884 かわいくて仕方ない

孫娘なのに、

「伝統への忠誠」のために、

どうしてもつらくあたってしまう

おじいちゃん。

勇者の名前をもつ孫娘パイケアもまた

資格がないことを知りつつ、先細っていく伝統を

どうにか救いたい、と願う複雑な葛藤が

ニュージーランドの、ものすごく美しい~映像とともに

ジワジワせまってきました!!

伝統はやっぱり難しい…

| | コメント (0)

グッバイ・レーニン

ドイツ旅行したのはもう9年前。

はずかしながら、自分が行った場所が

旧東ドイツ、西ドイツ、いまだアヤフヤなかいこです。

しかしこの映画で、ベルリンの壁崩壊以前は

東と西で

これほどの違いがあったのか…

わかりやすく伝わってきました。

旧東ドイツ、心臓発作で眠り続けていた

Dsc00890 ママが目覚めてさぁ大変。

バリバリ社会主義だった

ママは壁が崩壊して

地味だった生活が

一変したことを知らない。

「次に大きなショックを受けたらあぶないよ」

医者に言われた息子は、レベルアップした生活を

壁崩壊以前の生活スタイルに戻し、ママに社会の変化を

悟られないよう涙ぐましい努力をする。

Dsc00888 古着屋で地味な服を仕入れ

ピクルスやジャムを

東ドイツ製の瓶に

詰め替える毎日。

テレビを見たいママのため、

ついにはテレビ番組まででっちあげで作ってしまう…。

この努力が滑稽で痛々しい…。痛々しいのに

ほほえましいです。

あきれたり、怒ったりしながらもでっちあげに

参加する周りの人々。

いくら生活が良くなっていく、という変化でも

人々の心のどこかが取り残されているような…

ママに見える世界をでっちあげることで古き良き生活を

懐かしんでいる人々がいました。

日本に最近みられる昭和ブームにもそんな共通点が

ありませんかねぇ…。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »