« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

はねこ日記

ウォーキングの帰り道、ジェイコブと、はね家に寄り道しました。

はねこは元気まんまん。アレコレおもちゃで遊んでいます。

しばらくして、退散することにしました。 すると、はねこは突然

「たいぢ~たいぢ~」とあせりながら、自分のリュックに

おもちゃを詰め始めたのです。(たいぢ=大事)

リュックを持って玄関までやってくると、今度は

「くっく、くっく…」と自分の運動靴を持とうとしていました。

どうも、かいこ家に行こうとしているようなのです。

今日は行かないのよ、とはねヨメに説得されるも

「くっく、くっく」は止まりません。

仕方なく、はね家をササッと飛び出すジェイコブとかいこ。

ドアの向こうでは、うわぁ~んと響く、はねこの声が…。

「かわいそうだから、うかつに訪ねるのはヤメるよ…」

ショボ、とする祖母ジェイコブ。

家に帰って夕食のしたくをしているとチャイムがピンポーン…。

なんと、はねことはねヨメがやってきたのでした。

「あれから泣いて泣いて、しまいには

怒っておもちゃを投げつけたんだよ~。

こんなのはじめてだよ~」

とはねヨメ。

いままでは、ちょっと泣いても、ほかに興味をうつしてやれば

それですんでいたものが、自分の意思を継続してはっきり

しめすようになったのでした。

自我の始まりを目撃したのでしょうか。

自分たち大人にとっては、とっても当たり前に存在してるものが

目の前では、刻々と生まれて育って変化している。

しみじみ感動してしまうものです。

| | コメント (1)

アセかき論

かいこ家では、新築してお風呂システムがグレードアップしたので

毎日のお風呂生活がスタートしました。

(それまではほとんどシャワーです)

お風呂につかり始めて、おもしろい実感としてあげられるのは

「体があたたまると気持ちが前向きになる」  ということです。

現代日本の人々は、ひと世代前の人々に比べて平均体温が

低いのだそうで、それだけが原因ではないと思いますが

情緒的な乱れも、実は体温低下が関係しているのでは…

という説がありました。

あったかい人間が、冷えたらいろんな能力が発揮しづらい。

なんとなく、かいこも実感しました。

ところで。

かいこは子供のころからあまり汗をかかない体質のため

お風呂にじっくりつかっても「ほんのり」が精一杯なのですが

実は、最後の五分に一番汗かくことを発見しました。

「風呂掃除の時間」です。

あんなにつかっても、ほんのり~なかいこが

たった五分の風呂掃除で「じっとり」なのです。

実は前向きになる効果を実感したのは、このせいだったのかも

…などと思ってみたり。

楽して効せず。

やはり人間は「動いて」あたたまる、

「動いて」汗してナンボ、の生き物なんですね。

冷や汗ばかりが日常のかいこ。

どうやって温かい汗をかくか、これからの重要検討課題です。

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »