« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

救命17時

日課のウォーキングコースは、この季節になると見所いっぱいです。

それは 「ツバメの子育て」~!!

先日、ウォークのさいちゅう、上空でツバメの夫婦が弧を描いてました。

   ジェイコ 「あの交番に巣があるんじゃない?」  

巣を見ようと交番に歩み寄り、ふと地面に目を落とすと、なにやら黒い物体が。

Photo_2   

  

       … ヒナです。

  

はじめは飛び立つ練習でもしているのかと思いました。

が。  いつまでたっても、ジーっと動きません。

ようやく気づきました。

   「落ちたんだよ…」

どどどど、どうしよう。

とりあえず巣がくっついているのは交番だ。

交番に届けよう。ということになり、おまわりさんに報告しに行く かいこ。

  スーイマセーン!

  

若いお兄さんおまわりさんは、感じよく対応してくれましたが、すぐに

こう返してきました。

  「わかりました。  …で、あの。 鳥…好きっスか?」

はい?

  「自分…ちょっと…」

あー!  ニガテなんですね。 鳥が。

ダイジョブ、ダイジョブ。 私、やりますから。脚立あったら貸してください。

そう言うと、おまわりさんは脚立を探してくれました。  

しかし、交番には椅子しかありません。

  

  「…このままではヘビに食べられてしまうな」 

つぶやく おまわりさん。

  

そ、そんなのイヤだーーーーーっ!!

かいこは近くの薬局に走り、脚立を貸りました。

が、しかし……  

そーなんです!  かいこのお背背では足りませーーん。うえーん。

  

あのぅ…私じゃムリみたいです~…。と、切なくおまわりさんに振り返ると

彼も慌てて申し訳なさそうな表情で

「ああっ…自分やります! やりますよ!」  と言ってくれました。

  

かいこが手を伸ばすと、ツバメっ子は飛べない羽根で地面を這いずります。

かわいそうですが壁際に追い詰めて、そーっとすくい上げると

とってもとっても軽くて、柔らかくて、ほわーっと温かい! 

繊細な命の感触に感動感動。 

  

両親ツバメは、まだ心配そうにグルグルまわって飛び続けています。

おまわりさんの手から、巣に戻してもらいました。

すると…

ツバメっこは、自分から兄弟たちの隙間に入っていきます。

兄弟たちも場所を譲るかのようにつめてくれました。

  

両親ツバメもその姿を確認し、ホッとしたかのように電線に落ち着きました。

気づけば

薬局のおばさんのほかにも、弁当屋のおじさんも来て事態を見守ってます。

ふしぎな連帯感。

  

いやー。 とにかく、よかった、よかった。  

また落ちないことをただ祈ります。

でも、もう次は自分で羽ばたけるようになっているでしょう。

  

そして両親ツバメ達はこんなこと言ってるかな。

 「パパ。 ケチらず次はもっと大きな巣を作りましょうよ」

  

  

| | コメント (2)

どげんかマンゴー

012

噂では一個×千円もするというアレです…。

     

ツンくんのカノジョ・ツンカノから、いま話題の「宮崎マンゴー」

いただいたんです!   

ウヒョー。  刻印入りなんですね~~。しかもシリアルナンバー入り!

  

「こりゃ、どげんかせんと!」 …ということでさっそくお味見です。

   

う、う… ウマイッ!

ジューシーで、さすがのお味でした。

ツンカノ、ゴチでーーーす!

   

そして、マンゴーといえばワレワレには…そうです。「台湾」。

いやぁ。一気に郷愁(?)の念がわきあがってしまいました。

今頃フルーツ、おいしいんだろうなぁ…。

| | コメント (0)

梅仕事2009~塩漬け~

やってまいりました、今年もこのシーズンが。

09_003

今年もはねヨメの知人を介してゆずり受けた、スーパーサイズの梅ちゃん。

美しいでしょう~?

熟した素晴らしい香りと、色艶の良い顔色に、早くも仕上がりが楽しみに

なりました。 気合入れて仕込むぞ~~!

   

ところで、かいこ。

仕込み生活三年目にして早くも弟子がつきました。

  

007_2   

あつらえたかのように

梅ッコと同じ、黄色の

スタッフTシャツ(?) を

まとう、かいことはねこ。

    

   

梅の水分を丁寧に拭き拭き、ヘタをとります。

  

001   

ワオ。

はねこが持つと梅とは

思えないような大きさに

写りますな。

 

  

続いて、ホワイトリカーと塩を丁寧に梅にまぶす作業です。

016

「梅にケガさせないように、ていねいに、ていねいに…」

  

029

壷にキレイに並べておさめます。

あとは重しをして水が上がるのをまつばかり。

単純な作業ですが、道具を消毒して、水分をきちんと除去し

梅を傷つけないよう細心の注意をはかることが美味しくなるヒケツです。

  

はねこも塩まみれになってがんばったよネ。

おつかれさまー!

  

| | コメント (2)

アユンテラス

Photo

渋谷のインドネシア料理店 「アユンテラス」 へ。

お店へ向かう道。

初夏の日差しをあびて、軽い坂道を上ると、うっすら汗もかいてきました。

うう…アレ。   アレが必要ですヨ!

Photo_2

プァハーーーーーーーーッ!

昼ビールは最高でッす!

バリハイは南国らしいあっさりした味わいでリゾート感も満点。

気分もノッてまいりました♪

    

お料理はお惣菜を盛り付けたランチプレートとカレーのプレート

2種ありましたが、全員お惣菜プレートを注文。

Photo_3

エビの煮込みはとっても辛かったけど、これぞエスニック!

とってもおいしかったです。 次はカレーも挑戦したいなー。

ゆったりした店内の雰囲気が感じよく、ディナーにも訪れたい雰囲気です。

  

食後のコーヒーはもちろんインドネシア風。

Photo_4

     

見た目はドロッとしてますが

ケッコウあっさりテイスト。

麦茶のような香ばしさがおいしい。

   

  

   

子連れでしたが、お店の方もソフトでとてもやさしい対応です。

評判のよさがわかる、とてもステキなお店でした。

| | コメント (2)

ヨコハマ健脚旅②

横浜港は1859年から今年で、開港150周年を迎えております。

Photo_5

  

それを記念し、ただいま「Y150」というイベントが開催中。

090609_050_2

  

←シンボルキャラクターは 

  玉楠の木の妖精

  たねまるくん。

     

  

たねまるくんのモチーフとなった「玉楠の木」は横浜開港資料館の

中庭にて会うことができました。

Photo

   150年前から横浜を見守ってきた樹

  

      

さてさて。

Photo_3   

「ぶらり旅」のワレワレです。

有料会場はご遠慮し、山下公園から

赤レンガ倉庫まで続くプロムナードを

ぐるりと散策しました。

  

  

  

  

Photo

        道に埋め込まれたプレートがステキ

  

Photo_4

港町らしい景色が広がります。

くもり空ですが、いい海風も吹いて、その匂いも油まじり。

  

Photo_6

  歩いて歩いて……赤レンガ倉庫に到着!

  

090609_053  赤レンガ会場のフードコートで

 アイス休憩~。「五大陸ソフト」を注文。

 左/かいこは南米「カムカム」ソフト

 右/ジェイコは日本「北海道」ソフト

  

     

その他は「チーズ」「いちご」「抹茶」のフレーバーでした。  

ん?日本がふたつ? チョコ味もないジャン。

うーむ。ラインナップ的にはそれほど「五大陸」じゃなかったナ。

  

さいごに国際客船ターミナルである、大さん橋ふ頭を散策。

090609_060

          おーきな「にっぽん丸」が停泊中。

090609_068

090609_069

展望デッキは流線状に板張りされた美しいスペースです。

すごく気持ちよくて、誰にでもおすすめしたくなる場所です。

こんなところで船出する誰かをお見送りしてみたいワー。 

そういや、船出によくあるテープはどうやってセットするんだろう。 

  

…そんなギモンも残しつつ、ぶらり健脚旅はここで終了。

ノスタルジックでゆったり気分になれる横浜は、お金もあまりかからず

世代も問わず楽しめる場所だなぁとあらためて見直した一日でした。

  

最後に、ノスタルジックな出会い イロイロ写真。

1

2

3

地下鉄構内には「トリスウィスキー」のイラストでおなじみ

柳原良平さんの壁画が。

  

090609_006

バーニーズのショーウィンドーはナイトウ・ルネさんのグッズ

090609_005

  

「少女ブック」世代のジェイコ。

くいいるように見つめ。

| | コメント (2)

ヨコハマ健脚旅①

ジェイコとふたり 「風まかせ ぶらりヨコハマ旅」 へ。

090609_003_2

  

まずは5/23にリニューアルした

マリンタワーを訪ねて。

ジェイコはお初。

(むかし横浜に住んでいたのに)

かいこは小学校の遠足以来。

   

      

   

   

外観カラーが、赤からシルバーに変わりました。 が、中身はもっと激変!

まぁまぁまぁ!  ロゴも一新、ステキなカフェもできてて、お土産のデザインも

すべてが オッシャレ~じゃないですか! びっくりした。

   

  そして展望台へ。

090609_028

  のぞき穴あり。  どーしてもビクビクしちゃう。  

  

平日なので展望台はすいてました。

090609_019_2

            ベイブリッジ方面

090609_024

      大さん橋ふ頭、赤レンガ方面

090609_023

      山下公園を眼下に

| | コメント (2)

初夏便り

本当にお久しぶりの更新となってしまいました。

二月後半から続く長距離走を走り終えた オツカレイサーかいこ!

現在、ひと息つきながら次のプロジェクト準備をする日々です。

みなさまはこの春から初夏にかけていかがお過ごしでしたでしょうか。

001

↑かいこ家のトイレサボテン なんと二度目の開花!

  沈黙の応援団長に励まされました

  

毎回仕事が終わるとモーレツに思うこと。 それはですね

「とにかく人に会いたいのだ~!」

  

最低一ヶ月半は家にこもらなくてはならないかいこの仕事。

その間は家人かアシスタントさんだけがオアシスなのです。

  

…と、いうことで。

仕事が終わった翌日は速攻です! 

  

今回はニューヨーク旅行から戻られたばかりのcherieさんと

タイミングが合い、果敢な一人旅の顛末を楽しくうかがいました。  

  

cherieさんのお話を聞いているうちに、「旅」 というものはとにかく

それにまつわるハッピーな出来事もアンラッキーな出来事も

全部が自分を成長させてくれる種なんだなー…と再び実感。

ここのところ成長停滞気味のかいこはcherieさんのお話を聞いてる

そばから旅熱がうずうずして仕方なかったです。

  

そして先日は五年ぶりに仕事の師匠のもとを訪ねました。

これまでの積もる話や、人生について考えさせられる

含蓄深いお話が伺えました。

師匠は波乱万丈な方で、いつも傷だらけなのですが、とてもとても

心根のまっすぐなステキな人です。

私自身は経験豊かな師匠には見合わない人間のような気がして

いつも遠めに自分を置いてしまっているのがナサケナイのですが。

  

次のプロジェクトも始動しているので、時間はとてもコンパクトですが

人と会っている時間の嬉しさとありがたみが身にしみる有意義な休暇を

過ごさせていただいておりマス。

| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »