« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/17

ノグチさん②

002     

野口さんが宇宙に行って 

気がついたことは…

重力がないことで、人は外界と自分

との関係をどうとらえるのか。

上下、左右のない世界で、人はどの

ような考え方になるのか。

   

たとえば「上下関係」なんて言葉が

ありますが、どうなっちゃうの?とか

「姿勢を正す」なんて言葉があるけど

宇宙じゃぜんぜん違うんだよね。

とか。  

  

宇宙滞在における人の思考については京都大学と組んで研究中だそうです。

   

宇宙で生まれ育った子は どんな人になるのだろう と野口さんは楽しそうに

語ってらっしゃいました。

  

文系脳、理系脳 なんて言葉がありますが、ホントはどちらかがニガテ、とかいう

ことでもなく、自由につながって行き来しながら生きていくのが当たり前なのかな、

と感じました。

宇宙は哲学につながり、哲学を科学からアプローチする。

   

野口さんの名言…

地球はどこを切り取っても、どの瞬間を切り取っても美しい。

カザフスタンの砂漠に降りて空を見上げたら 半年間足元にあった

雲が 「こんなに高いのか!」 と感じたそうです。

自分たちは水底に住んでいるんだ、という感覚。

だから全部大切にしなくては、とあらためて思ったそうです。

   

   

普段の自分とはかけ離れたような、ちょっと途方もない世界や ずっと先の

未来の想像へ、野口さんは実に心地よくつなげてくれます。

そして最後には、すぐ自分のそばの存在につなげてくれました。

    

野口さんは強い強い望遠鏡になってくれました。

視界がみるみる広がったり ズームしたり。

   

本当に、清清しい体験となりました。

2010/09/16

ノグチさん①

001

宇宙飛行士、 野口聡一さんの

トークを拝聴してきました。 

   

野口さんは 昨年から今年にかけて

国際宇宙ステーションに半年間の

長期滞在を果たし、

幾多のミッションを遂行されました。

    

いやー、とにかく感激です。 

   

近くで空気を共有できたミーハーな

満足感もありますが、

何よりも そのお人柄と

充実したお話の内容に

グイグイ惹きつけられました。

  

 たとえば   

   

先進国と途上国の光の違いについて…

国際宇宙ステーションは、一時間半で地球を一周するので、

45分は昼の地球、 45分で夜の地球の上を通過するそうです。

昼の地球はそんなに差がないそうですが、夜の地球は光の分量で

一目瞭然なのだとか。

   

日本は隅々まで光で形どれているそうですが、真っ暗の地域も。

中国も沿岸部は明るいそうです。

    

豊かさの差が 宇宙から見える。

そんな地球の姿を想像するだけで、いろいろなことを考えます。

  

天災のあった場所もハッキリ確認できるそうです。

ハイチの地震や、チリの地震。

瓦礫で道や区画がなくなり 真っ白に見えたそうです。

野口さんはそれらの写真を撮り、世界に発信することで

世界中の人に関心を持ってもらおうと努めたとのこと。

   

野口さんは自分の役割を、しっかり理解してる。

そして、その持てる能力や可能性をあますところなく発揮していて

本当に素晴らしいな、と感動です。

  

  

2010/09/09

ちゃこぞー先輩

Photo_3

おもちゃのっけて 「待て」してます。 おりこーですねぇ。

  

「ちゃこ」は ツンヨメちゃんの愛犬。

先日お泊りがてら、ツン家に会いに行ってきました。

  

おおおお

すぐになついてくれて、ホントに、カワユスーーー♪

枕元でぐるぐるまいて寝てくれたり、ふんふん鼻息かけてきたり。

犬のいる生活を思い出しつつ堪能しました。

  

ちゃこは もうすぐツン夫婦とともに、かいこ家近所にお引っ越し。

愛犬生活も もうすぐに。←ウチのじゃないってのに。

タノシミ タノシミ♪

2   

  

りっぱな

オノコです。

2010/09/08

アオバーダー

Photo

アオバトを見に行きました。 大磯の照ヶ崎海岸です。

早起きの道連れは、ドライバーはねくん、はねこ、ジェイコ です。

  

カメラがヨワヨワなので、よく分からないと思いますが

このアオバト、体全体がグリーンで嘴は空色、オスの肩羽はエンジ色。

とてもとても色がキレイなのです!

夜明けとともに、グループ組んで、近くの山から

海にやってくるのです。 コーフン!

  

彼らの目的はなんと 「海水を飲むため」。

まだその理由は明確にはなっていないそうですが

とにかく不思議でワクワクする光景が、我が家からこんなに近いところに

あったなんて、知りませんでした。

  

ドライバーしてくれた、はねくん、ありがとう!

  

Photo_2

朝焼けの大磯海岸はつりびとでいっぱい!

波打ち際で、なにが釣れるのかな?

  

Photo_3

その後は箱根ターンパイクをドライビング。

富士山がとってもきれいでした。

  

早起きは三文の徳。  まさに!

2010/09/07

あきらめの夏ぅ♪

そんな歌がありましたねーー。

かいこ、三ヶ月の航海(←脳内のみ海外へ行く仕事) から無事帰還です。

とにかくおこもりが長いっ!ということで、今回はスルーサマー。

ま、あまりに暑過ぎたのでこれでヨカッタかもしれません。

  

そんなオコモリサマーのなかでの密かなヨロコビは

氷菓 「ガリガリくん」。

  

この夏で必ずアタリを当ててやる!とイキごみましたが

いまのところ全敗。。。

あきらめ気分のところへ

「わたし、当たったんですよ」  とツンヨメちゃんからご報告。

ガガーン。

  

…狙う者より何気ない者にやってくる。

ま、そういうもんです。

  

まだまだ暑さ続きます。 かいこの挑戦は続きます。

Photo

↑冷蔵庫に控えてるラスイチ。これにかけよう。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »