2007/09/28

戦いの終わり

ミャンマーの混乱が悪化しています。

ついに日本人も巻き込まれてしまい、事態は深刻です。

  

「ミャンマー」という国の正式名称は「ミャンマー連邦」。

「ビルマ」という以前の名称のほうが、なんとなく私には

なじみがあります。

チベットから移動してきた民族が多く、仏教徒が90%。

昔から、お寺は庶民の身近な救済所として機能してきたようです。

貧しいながらも識字率が高いのも、昔からお寺で教育をしてきた

おかげだとか…。

そんなわけで、お坊さんというのは、宗教的なイメージだけでなく

民衆にとっては、実にありがたく、身近に尊敬できる存在

なのだそうです。

   

首都のヤンゴンは以前は「ラングーン」という名で、その意味は

「戦いの終わり」

その名にこめられた願いもむなしく、1989年から現在まで

天下りやワイロの横行する軍事政権に支配されてます。

単純に考えて、一部の人がうるおって、仕事もない状況では

国として、未来があるようには思えないのですが。

なんだか…どの国でも同じなのでしょうか。

程度の差こそあれ、政権をとったものは

「いまだけよければ」「じぶんだけしあわせにな~れ~」的な

考えがはずかしいほど丸出しになりますね。

本当にオトナはどこまで醜くなれるのでしょうか。

二歳のはねこにお菓子を分けてもらいつつシミジミしてしまいました。

  

のんきな国(イヤ…そうでもないか)にいる私がなにを言っても

きれいごとにしかならないと思いつつも、怒りが止まりません。

怒りといえば、ミャンマーの軍事政府にODAをあげて

それで武器を買ってるにもかかわらず、何もしない日本のお上

に向けるべきでしょうね。

  

実はミャンマーの南西部には、ご縁がある六歳の女の子がいて

時々やりとりしていまして、物価の値上げなどの影響が

ちょっと気になります。 

そんなふうで解決になるとは思いませんが

知り合いが、友達がいると思えばその国の見方が変わります。

やたらな暴力も抑止できると思うけどな。

おそろしく単純ですが、これが意外とアタリじゃないですか?

2006/08/25

衝撃の過去

ヨコハマの産院がニュースになってますね。

資格のない看護士さんなどが助産していた…とのことです。

出産した方が亡くなったりもしており、モンダイになっています。

「いやーまったく深刻なことだよね!有名な病院らしいよぅ」

とテレビを指差し、ジェイコブに話題をふったところ

涼しい顔で言いました。

「…アンタが生まれた病院だよ」

な、な、なぬぅーーーーー?  

ご老体の病院長の顔が画面に映し出されると

「あらーーーもうトシだわね。当たり前か」などとまた

涼しい顔で言ってのけるジェイコブ……。

いやぁ、おどろいた…。そーだったのね。

ジェイコブによれば、なかなか生まれないかいこの

出産時、なぜか「ひまし油」というものを飲まされ、

陣痛を促進させられたのだそうです。

それがまた、タイヘン苦痛だったとのこと。

(なぜって…ひまし油を飲んだ場合、オナカをこわすのが

フツーだからです。え、するとナニかい。かいこはアレと

同等になってしまったのかい…?…シーン…)

その結果、ジェイコブは

「くーーーここでは二度と生まないぞ!」と決意し

はねヨメの時は別の病院にした、とのことでした。

いんやーーーーおどろいた!

かいこ、本日あらためて、アレと同等になろうが、強くたくましく

生まれ、健康な人生をいただいたことを心から

感謝しなくてはいけない! と思ったしだいです。