2007/03/02

アセかき論

かいこ家では、新築してお風呂システムがグレードアップしたので

毎日のお風呂生活がスタートしました。

(それまではほとんどシャワーです)

お風呂につかり始めて、おもしろい実感としてあげられるのは

「体があたたまると気持ちが前向きになる」  ということです。

現代日本の人々は、ひと世代前の人々に比べて平均体温が

低いのだそうで、それだけが原因ではないと思いますが

情緒的な乱れも、実は体温低下が関係しているのでは…

という説がありました。

あったかい人間が、冷えたらいろんな能力が発揮しづらい。

なんとなく、かいこも実感しました。

ところで。

かいこは子供のころからあまり汗をかかない体質のため

お風呂にじっくりつかっても「ほんのり」が精一杯なのですが

実は、最後の五分に一番汗かくことを発見しました。

「風呂掃除の時間」です。

あんなにつかっても、ほんのり~なかいこが

たった五分の風呂掃除で「じっとり」なのです。

実は前向きになる効果を実感したのは、このせいだったのかも

…などと思ってみたり。

楽して効せず。

やはり人間は「動いて」あたたまる、

「動いて」汗してナンボ、の生き物なんですね。

冷や汗ばかりが日常のかいこ。

どうやって温かい汗をかくか、これからの重要検討課題です。