2010/07/02

お楽しみは

Photo_2

8強、出そろいました!

ブラジル×オランダ

アルゼンチン×ドイツ

ウルグアイ×ガーナ

パラグアイ×スペイン

半分が南米の国なのは、当然といえば当然…?? 

  

いやー。でも、できれば…

日本…またはアジア勢が入ってて欲しかったですねぇ。

  

ま、でも、特に日本は徐々にオトナの階段上っていくのが

いいのかな。 上ったり、下がったり。。。。 

  

とにかく、お楽しみはコレカラだーーー。

もう身内気分でハラハラする必要もないし!

完全お楽しみモードです。

どこも期待できそうな対戦カードで嬉しいです。

まだまだW杯、眠れません~。

2010/06/16

W杯

始まりました 2010W杯。

そろそろ仕事に集中しなくてはならないのですが、ついつい…

一人おこもり観戦続いてます。 楽しい…。

Photo

  

  

おとも焼酎もアフリカ仕様。

(はねくん差し入れです。

 ありがとう~)  

  

  

  

   

初戦はブロックごとに拮抗したスコアが並んで、緊迫感ありますね。

その中でもアジアのがんばりはすごい。

にわか川崎サポとしては、テセの涙と熱い戦いに心打たれました。

     

日本代表は、低い低い支持率をくつがえし、カメルーンに

初戦勝利をおさめましたねぇ。 おめでとうございます。

(そういえぱ…代表はまさか送り出した首相と迎える首相がチェンジするとは

思ってなかっただろうなぁ)

      

地味で苦しそうな試合でしたが、ファイトが伝わったのが良かったです。

これからオランダ、デンマークと強豪が続きますが、

ひとまず希望を持って試合を見られるのはありがたいことですネ。

  

日本は初参加からたった12年の若輩者ですから、いい開き直りで

がんがんチャレンジしてほしいです。

  

渋谷で喜びのあまりオイタに走ってる若者を見たら、八年前の

日韓W杯を懐かしく思い出しました。

  

あの頃の若者も、いまやいいお父さんでしょうかねぇ。

2008/03/10

トゥギャザーしようぜ!

ついに2008年Jリーグ開幕。

行ってきました 川崎フロンターレVS東京ベルディ 戦。

「にわか」二年目の始まりです。

川崎在住のタレント・ルー大柴氏の始球式に始まり

盛り上がりもバッチリ。

はたしてその試合結果は…

川崎は先制点をとったものの、ロスタイムにPKを献上。

無念のドロー… となってしまいました。

   

開幕戦ということで混雑は多少覚悟していましたが

それはそれは予想以上の混雑でした。

周りの声では川崎史上一番の人気ぶりだとか。

今年のチームにかける期待が伝わります。

日本代表も多数抱えるチームだからか

ギャルの人気も格段にアップアップ。

入り口では「チケットゆずってください」の紙を

かかげる、うら若き女性の姿も…。

ウーン。

今年は「にわか」もハンパな根性では望めないかも。

   

とはいえ、かいこには強い見方、そう、強力な

川崎サポーターの「しー&ゆっくん夫妻」がいます。

彼らとトゥギャザーしながら今年の川崎の行方も

見守ってゆけたらと思います。

2007/11/05

水色魂

11月3日、ヤマザキナビスコカップ決勝戦。

川崎フロンターレVSガンバ大阪  を観戦しました。

勝てばどちらも初優勝。 

特に川崎は初のタイトルに輝くことになります。

 

かいこは元・川崎市民…という微妙に遠いつながりを辿って

「にわか川崎サポ」で参加。

入り口でナビスコのお菓子もいただき意気揚々です。

  

今回は正式な川崎サポーターのしーさん夫妻に

お誘いいただきました。

その理由は「水色バイバイン計画」。

対戦相手のガンバカラー(青)よりも多人数、競技場を

川崎カラー(水色)で「倍々」うめて圧倒しよう~という趣旨です。

なおかつ

「この人が観戦すると負けたことがないという人」

であればなお良し。 

…ということで、いままで「にわかサポ」で観戦した試合に

負けナシ!  の、かいこに白羽の矢が立ちました。

おお、お役目重要!

そんなわけで、今回は、にわかでもちゃんとしなくては。と

キッチリ水色Tシャツを着込んで気合いれました。

  

だけども、だっけど~~♪

            (小島よしおフレーズで)

なんと、しーさんは朝から体調不良で点滴に走って

いたというのです。  オーマイガッ。こんな日に!

真っ青な顔で、それでも応援席に座るしーさん…おそるべし。

真のサポーター魂を見たかいこは

しーさんの分まで頑張るぞ!と応援に力入ります。

結果は…  

  

    

川崎フロンターレ  0-1  ガンバ大阪

  

負けました。 

最後まで逆転を信じていたので、ホイッスルが鳴ったときは

本当に呆然としてしまいました。

「…これが負け試合…」

  紙ふぶきを浴びるガンバの選手。

  グランドに崩れ落ちる川崎選手。

4万人のサポーター席も明暗くっきりでした。

勝負の世界は本当に厳しいものです。 

  

普段「それぞの良さ」で共存する世界に住むかいこには

かなり強烈な光景として刻まれました。

いや、今日ばかりは「にわか」をちょっと忘れて

水色魂が宿ってしまったな。

2007/05/10

はつのりの日

Dsc02326 ACLという大会があります。

「アジアチャンピオンズリーズ」の

ことでして

「アジアのクラブチーム中で

一番強いチームはどれか」

というのを決める大会です。

     

日本からはJリーグ2チームが参加するのですが、意外な事に

日本のチームは、今まで予選突破もしたことがない!!!

  …のだそうです。

今回は、浦和レッズ川崎フロンターレが出場して健闘中です。

そして昨日、川崎の予選突破の瞬間を目撃してきました。

3-0の文句なし完封勝利。

日本サッカー史上初の予選突破記録です。すばらしい。

Dsc02333

↑歓喜にわくフロンターレサポーター

  

この日のために用意した「はつのり」Tシャツが登場しました。

ん? なにかのパークリーかなー。というのはさておき

なかなかのセンス。

選手たちも嬉しそうに着用していました。

Jリーグの日程に加え、この大会でアウェイへ出張、さらに

選手によっては日本代表の責務も抱えて本当に選手は

大変だと思いますが、決勝トーナメントもガンガン勝ち抜いて

ぜひ頂点に立ってほしい。 そして各大陸王者と激突する姿を

見てみたい。

…と元・川崎市民としては夢見るばかりです。

cherieさん、ダンナさん、いつもお付き合いありがとうございます。

祝杯あげたいですね~。

2006/11/28

水色の誇り

ユックン&しーちゃんカポーとともにJリーグ観戦しました。

場所は等々力。川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ

今回は、フロンターレのラストホームゲームです。

Dsc01533   

  

  

  

ユックン&しーちゃんカポーは川崎フロンターレの熱烈な

サポーター。ホームゲームはもちろん、アウェイの

全国行脚にも精を出してます。

今年も全国あちらこちらで、チームとともに

泣き笑いしてきたようです。

フロンターレは残念ながら、前節で優勝圏外となりましたが

まだ2位になる可能性を残しています。

かいこも以前は、川崎住人だったので、もちろん応援は

フロンターレ。

フロンターレのサポーターは家族ぐるみが

多いのが特徴なのだそうです。うーん、将来有望。

  

試合はいきなりの失点でボーゼン。

ハーフタイムはサポーター席、寒さがしみていました。

かいこの席の真下は熱血サポーター軍団の席で、

劣勢になりつつも、アツイ応援歌が地鳴りのように響きます。

後半、トイレ帰りに軍団にまじってみることにしました。

応援歌も知らないかいこなので、前半は少し置いてきぼり感

でしたが、軍団の一部になってみるとそんなことなど

ぶっ飛び、いつの間にかピョンピョンとびはねてました。

 

すると巻き返しの一点が!!!

得点した選手がググッとサポーター席に駆け寄ってきます。

それをたたえるサポーターの歓声。

誇らしさいっぱいの光景に、ググッときてしまいました。

試合はその後、またの失点に、巻き返しの一点が入り

ドローのニオイがプンプン漂い始めました。

ロスタイムに入ると、立ち上がって帰り支度するお客さんも。

「ひどいなーー。最後まで見ていきなよーーーー…」

ちょっとフツフツするかいこ。

自分が「にわか」だってこと、すっかり忘れてます。

すると!

なんと!

大逆転のゴーーーールがぁぁぁぁぁ!

もう大コーフン。大コーフンです!

3対2でフロンターレ勝利です。

優勝することも大切ですが、なんといっても

一喜一憂する、この一瞬が応援の楽しさなんですね。

試合後、今期限りで引退する選手のセレモニーも

設けられました。

サッカー選手生命はだいたい十年前後。

三十台そこそこで、ひとつの人生を全うするのです。

自分と同世代、というだけで勝手にシンクロするかいこ。

たまらない気持ちになってしまいました。

引退する人の中に以前、鹿島に在籍していた選手がいました。

その選手のために、残って見送る鹿島サポーター。

そのサポーターに拍手を送る川崎サポーター。

アツイ!!!なーーーんてアツイハートなんでしょ。

しかし、誠にすがすがしい光景です!

ニンゲン、それで正しいいーーーーーーんですっ!

…と、少々「カビラジエイ」キャラが入ってしまった

かいこでした。

2006/07/10

悲しい幕引き

ジダンの引退試合は実に衝撃的でした。

W杯の決勝、延長後半であり

自身のサッカー人生ラストステージだったはずが。

相手選手の悪口にヘッドバッドをくらわせ

イノチを縮めてしまいました。

Photo_15

ピッチを去るしおれた後姿。

トロフィーの脇をすり抜けロッカーへ向かう彼の胸のうちは

いかばかりか…考えると苦しくなりました。

ベテランで人格者でテクニシャン。カンペキを絵に描いた

ような、そんな百戦錬磨の彼にさした「魔の一瞬」。

どんなに努力しても、そういうものが入り込んでしまうのが

人間でしょうか。

魂をそそぎこむとき、一線を越えてむき出しに

なってしまったのでしょうか。

ジダンの最後のそれは悲しすぎるダンスでした。

でもそれだけに大会中、輝いていた彼の姿は

くっきり、よけいに鮮やかに刻まれていくのかもしれません。

お疲れ様でした。  ジズー。

2006/06/27

がんばれニッポン

Photo_5

98年フランス大会

02年日韓大会

そして今回で出場三回目。

キセキを願うにも、あまりに若輩だったのかもしれませんね。

そもそも、その心根が「甘かった!」と自身反省しました。

世界はもっと長いスパンで、がんばっているのですから。

急くのはやめて、じっくり見守りたいですね。

まだまだ期待しています。日本サッカー。

2006/06/20

VSクロアチア

Photo_12みなさーーーん。

サッカー

たのしんでますかぁ。

はははははは。

    

 

  

いや~暑そうでしたね~。太陽が一番の強敵でした。

予選三試合中あの猛暑の時間に二試合もやるのは

日本だけなんだとか。

そりゃズィコも「テレビのせいだ…」とうめきたくなりますね。

でも、条件も実力もカンケイない結果が出てしまったり

するのがサッカーですから。

…ひょっとして、日本だってブラジルに勝つかもしれませんよ。

あら。

ちょっと現実逃避ですか?

Photo_4

2006/06/17

タノムぞい

Photo_3ああ、ついに決戦は明日ですね。

キンチョーーーー。

でも、とにかく見守りたいと思います。

とにかくとにかく、闘志が前面に出た

選手の姿が見たい!です。

よみがえるのは、アジアカップの

超アウェイな中でも

ドロドロになりながらあきらめない、あの勇姿です。

あの姿よ、カンバーーーーック!

がんばれ、ニッポーーーーーン!!!

より以前の記事一覧